2015年05月27日

またもおハゲが・・・。

暑くなってきましたねー。
我が家の猫たちも、すっかりデレーンとしています。
特に毛の密度の濃いあぐりさんはツライようで、仰向けで寝るのが定番になってきました。

P1020387.JPG
あぐり:警戒心?なにそれ美味しいもの?


ところで昨年ワタシを悩ませてくれた、もちゃさんのハゲ
顎の毛がごっそり抜けて、一か月のうちに何度も病院に連れて行き、塗り薬や飲み薬、注射までして治らなかったあのハゲ・・・。
再発しました。

あの時は皮膚組織を採って何度か検査したものの、特に真菌とかが見つかるわけでもなく、原因不明で、先生もいろいろ手を尽くしてくれたんだけど治らなかったんですよね。
ハゲの範囲は顎以外に広がる気配がなかったものの、なにをやっても治る気配がなく、もはや打つ手もなし、と、あきらめてちょっと放置しておいたら1週間で毛が生えてきたという、脱力的な治り方をしたあのおハゲ。

「今回はどうしようかなぁ。また、怯えるもちゃを捕獲して病院に連れてっても、同じ治療するなら治らない可能性のほうが高いだろうし・・・」と悩みました。
あの時は結局万単位のお金が飛んでっちゃったんですよね。
とても丁寧な診療をしてくださる良い先生なんですが、丁寧なぶん検査代とかいろいろかかるのですよね;;
うーん、別の病院に行ってみるのもアリかなぁ・・・?
と、今回は車で3分ほどの病院へ行ってみたのは先週のこと。

で、結論ですが。一週間でほぼ完治しました。
先生にバリカンでガーッと刈られた顎から喉にかけての部分も、ほぼ生え揃いました。早ッ!!
今回出されたのは、化膿止めの抗生物質(小さな錠剤を砕いたものだったので飲ませやすい)、消毒用の中性電解水、液状の傷薬(痒み止め入り。一日一回、一滴で良い)でした。

いつもの病院は抗生剤は錠剤がなく、粉薬しかもらえなかったんですよね・・。
大概の猫はそうだと思うんですが、もちゃさんは粉薬をすんなり飲んでくれず、ウェットフードに混ぜてごまかそうとしてもすぐバレて拒否されますし、水で溶かして針のない注射器みたいなもので喉の奥に押し込んだりしていたので、ご飯のたびにワタシに対する不信感を募らせてしまい、最後はハンストみたいになったりしていたので、錠剤で出してくれるのはものすごく有難かったです。
小さな錠剤を砕いた形だったので、ウェットフードにくるんであげたら一口でパクっと食べてくれました。
塗り薬も、こちらは消毒の作業があるせいなのか一回ですむぶん、猫のほうもあんまり嫌がらずにつけさせてくれました。クリーム状の軟膏よりも、猫本人も気にならないようでしたし。

うーん・・・いつも行ってた病院・・・。
先生はサワヤカイケメンだし、優しいし、すごーく丁寧で親切なんだけど・・・。
錠剤の薬を出してくれる病院に軍配があがりそうです。
猫が嫌がらないで投薬なり治療なりできるほうが、猫もワタシもストレスためないで済むからねぇ。

ちなみに診断結果はやっぱり一緒で、猫挫創。
ただ、アレルギーで痒いとか、季節的なものもあるかもしれないので、ハゲが発生する時期なんかを覚えておいて観察していきましょうとのことでした。
換毛期なんかも関係しているのかもしれないなぁ。
ハゲてないかマメにチェックしようと思います。

画像は先週の、エリザベスカラー装着中のもちゃさん。
いつもはおっとりしてゆるーい性格なんですが、だいぶやさぐれてます(苦笑)

P1020388.JPG
もちゃ:何見とんねん。見せもんちゃうぞ。

人間のメニエール病のほうは、薬を勝手に減らして(ダメ患者)様子を見てみようかなぁと思い、一日3回飲むのを朝晩の2回にしていますが、今のところ大丈夫っぽいです。
元気になったもんで、調子にのって、今日は朝から美容院を予約してさっきバッサリやってきました。20cmほど!
これから暑くなるのに髪を結んでおけないほど切るのは失敗だっただろうか・・・と思いつつも、スッキリ、さっぱりしました。
こっちに引っ越して2年半、美容院は、アホ高いところから激安11cutまで、いろいろ行ったもののなかなか気に入ったところが見つからなかったんですが、今日行ったところはなかなか良い感じ。
仕事が早くて、値段もそう高くなくて。また行こう!

posted by NAO at 11:45| Comment(2) | 猫のこと 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

飼い主が病気でも、猫は心配しないものなのね。

子供会の役員の引き継ぎや、昨年度から4月末まであったPTA役員のお仕事も終わり、5月から解放感いっぱいな日々を過ごしております。・・・いや、過ごしておりました。
が、週明けからこっち、めまいで半分死んでました。冗談ヌキで。

とにかく、体を起こそうとすると天井がぐるぐるする感じになって、即船酔いみたいな状態になっちゃうんですよね。猛烈な吐き気と戦いつつ、1分家事やって15分転がるっていう情けない状態でして。
ものすごーく、作業効率悪ッ!
かかりつけの病院までは徒歩で10分はかかるので、歩いてるうちにマーライオンになりそうで無理と判断し、「すっごいヤブだからインフルの予防接種以外じゃ行かない」と近所の人から聞いて敬遠していた、うちから徒歩30秒のところにある某内科に行ってみました。
人気がないおかげか台風接近中のせいか誰も待合室にいなくて、すぐ見てもらえました!

診断結果は、メニエール病。
ストレスの多い、睡眠不足な人がなりやすい病気なんだとか。
なにそれ!?こんなにたっぷり寝てて、ストレスなさそうなワタシがなぜそんな繊細げな病気に!?
「ほんとにそんな病気なん・・・?」って半信半疑だったんですが、そのメニエール病に効くという注射をしてもらい、薬をもらって帰って飲んだら即治りました。
すごい!すごいわ!!
ヤブって評判だけど、全然ヤブじゃないやん。待ち時間ゼロだったし、次なんかあったらここに来よう。先生ありがとう!!あの悪夢のような吐き気とめまいが嘘のようですよ。
昨日は薬飲んでてもちょっと気持ち悪かったんですが、今朝からすっきりです。
薬さえあれば、もうあのめまいを恐れずに済むわー。良かった!健康って素晴らしい!!
でも、これ完治するもんじゃなく、また何かのきっかけで再発しちゃうもんなんだとか。
ヤダーorz
とりあえず、しばらくは薬飲みながら様子見です。

20150513.jpg
ぐったり中に溜まってしまった家事をこなし、休憩しに座ろうとしたワタシのソファを占拠する方たち

しかしですね、こっちがグッタリ横になってるっていうのに、猫たちの平常運転っぷりには驚きましたよ。
犬だと、飼い主さんを心配するそぶりがあると思うんですよね。
猫でも、おりこうな子は違うのかな・・・。
我が家のあぐりさんはいつもと変わらず「カアちゃん、お尻パンパンしてや。俺の顔をまんべんなく撫でてや。」としつこく「ウニャウニャ」言って催促し、寝転がってるワタシの顔の前にぐいぐいお尻を突き出してくるのでとても迷惑でした。
もちゃさんは、吐き気対策用に枕元に置いた洗面器の中にすっぽり入って丸くなって寝てしまい、あぐりさん同様、とても迷惑でした。
君たち、心配とかって、してくれないのね(´;ω;`)
良いけどね。期待なんかしてないんだけどね・・・。
猫だものね。

posted by NAO at 16:24| Comment(2) | 猫のこと 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする